ハワイでマラソン!目指すはゴール!

ハワイでマラソン!目指すはゴール!

アメリカの軍事拠点として その2

アメリカ海軍の主要基地&施設

  • ノーフォーク海軍基地(バージニア州) - 世界最大の海軍基地。アメリカ東海岸の主要港。
  • メイポート海軍補給基地(フロリダ州)
  • サンディエゴ海軍基地(カリフォルニア州) - アメリカ西海岸の主要港。
  • パール・ハーバー(ハワイ州) - 真珠湾。太平洋艦隊司令部所在。
  • グアンタナモ湾 - キューバの南海岸にある基地。
  • 横須賀海軍施設(横須賀市) - 在日米海軍司令部所在。
  • ニューポート・ニューズ造船所 - 唯一の大型空母建造施設

走り出したい貴方へ

アメリカ海軍に関連した著名人

  • ニール・アームストロング Neil Armstrong    ・・・ 初めて月に立った宇宙飛行士
  • アラン・シェパード Alan Bartlett Shepard Jr. ・・・アメリカ人で初めて有人宇宙飛行を遂げる。“マーキュリー・セブン”の一人。
  • ジョージ・H・W・ブッシュ George H. W. Bush  ・・・第41代大統領、元CIA長官。第二次世界大戦中最年少の海軍パイロット
  • ジミー・カーター Jimmy Carter        ・・・第39大統領、冷戦時の潜水艦乗組員およびノーベル平和賞受賞者
  • ジョージ・デューイ George Dewey    ・・・米西戦争でのマニラ湾の戦いでの英雄
  • デヴィッド・ファラガット David Farragut ・・・南北戦争時の提督
  • ウィルソン・フラッグ Wilson Flagg ・・・退役軍人。アメリカ同時多発テロ事件で死亡。
  • ウィリアム・ハルゼー William Frederick Halsey, Jr. ・・・太平洋戦争中の第3艦隊司令長官。
  • グレース・ホッパー Grace Murray Hopper ・・・海軍少将、軍用コンピュータのパイオニア、コンピュータの母 (Mother of Computing)。
  • ジョン・ポール・ジョーンズ John Paul Jones ・・・独立戦争中の指導者。
  • ジョン・F・ケネディ John F. Kennedy ・・・第35代大統領、太平洋戦争中のPTボート艇長、自艇を日本海軍の駆逐艦天霧に衝突されて転覆した。
  • アーネスト・キング Ernest Joseph King ・・・太平洋戦争中の合衆国艦隊司令長官兼海軍作戦部長。
  • トーマス・C・キンケイド Thomas Cassin Kinkaid ・・・太平洋戦争中の第7艦隊司令長官。
  • マイケル・ムレン Michael G. Mullen ・・・現在の海軍作戦部長。
  • チェスター・ニミッツ Chester William Nimitz ・・・太平洋戦争中の太平洋艦隊司令長官。
  • リチャード・M・ニクソン Richard M. Nixon ・・・第37代大統領、第二次世界大戦中の補給士官。
  • オリバー・ハザード・ペリー Oliver Hazard Perry ・・・米英戦争の英雄でペリー提督の兄。
  • マシュー・ペリー Matthew Perry ・・・日本の開国を要求した提督。 オリバー・ハザード・ペリーの弟
  • ハイマン・G・リッコーヴァー Hyman G. Rickover ・・・提督「原子力海軍の父」
  • レイモンド・スプルーアンス Raymond Ames Spruance ・・・太平洋戦争中の第5艦隊司令長官
  • ジョン・ヤング John Young ・・・海軍のパイロット、ジェミニ、アポロおよびスペースシャトル宇宙飛行士
  • カール・ヴィンソン Carl Vinson ・・・海軍拡張に尽力し“Father of the Two-Ocean Navy”(二つの海の海軍の父)と呼ばれる。上院議員。

ハワイでランニング

太平洋戦争終戦後

1942年6月、ミッドウェー海戦でアメリカ軍が勝利を掴みます。そして、日本軍によるハワイ侵攻の可能性が低減すると、1943年に灯火管制が解除され、翌1944年10月に戒厳令が解除されました。

1944年、第二次世界大戦が終結すると、ハワイでの日常に変化が見られるようになりました。それまでのハワイは、白人に牛耳られていた政治・経済体制が、一時的ではありますが、権力を取り上げられたことで弱体化して、1946年に発生したストライキでは、初めて労働者側が賃上げを勝ち取ることに成功しました。

また、アメリカ本土からやってきた兵士たちにとって、戦地へ赴くための一時の中継地は、安息地としても機能したものになりました。そしてハワイは彼らに「ハワイは身近な楽園」というイメージを広めることになりました。これを契機として、戦争特需に代わるものとなり、ハワイは観光施設の拡充に着手し始めます。そして後の観光都市としての第一歩を踏み出すことになりました。

ハワイへ行こう!